日商簿記検定試験、簿記能力検定

簿記で一般的なのは「日商簿記検定試験」と「簿記能力検定」の二つです。『日商簿記』は名前が示す通り、日本商工会議所が検定を行い、認定する公的資格。もう一つの『簿記能力検定』のほうは、(社)全国経理教育協会が実施します。

受験者数は『日商簿記』のほうが多く、一般的にイメージされるのは、『日商簿記』のほうかも知れません。ただし、身に付けなければならないスキルに大きな差があるわけではなく、仕事をする上で資格・スキルを活かせることに何ら変わりはありません。

簿記の資格は、“社会人に必須の資格”として紹介されているケースがあります。もちろん、簿記の資格を持っていれば履歴書に記載することができ、就職や転職で有利なのは言うまでもありません。それ以上に、簿記の資格は実務に強いイメージがあります。
例えば、簿記というのは商品取引に関わるお金の動きを整理・記録するために有効な手段です。いくらPCの活用が浸透したとはいえ、根本的なお金の動きを理解し、実際に業務に活かそうと思えば、簿記の資格があったほうが断然有利になるのです。

また、企業の業績などはすべて数字で表されますから、簿記の資格を持ち、その知識を活かすことで、その企業の経営状況を推し量ることができるようになります。これは自社に限らず、取引先の財務状況や、これから営業をかけようと思っている相手先企業のことを理解する上で大いに役立ちます。

年間50万人以上が受験する簿記検定ですから、“社会人に必須の資格”と言われるのも当然かもしれません。ますます厳しさをます社会状況の中で、武器になる資格として簿記の資格取得を真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

簿記検定試験の合格を目指すことで、ビジネスパーソンとしてのモチベーションも自然とアップします。簿記の資格を調べて、準備を始めましょう。目標の設定と最後までやり通す覚悟が大事ですが、今は通信講座で良い勉強法もあるので安心してください。

次のページ >>